Love S Peace

Ship






2015年09月01日

被害者意識を捨てる。

9月のテーマ/コミット。被害者意識を捨てる。

探究の基本に、「〜のせいにしない。」がある。
これがなかなかできない。

ナチュラルに誰か、環境、もののせいにしている。

自分は悪くなくて〜が悪いのよ。わたしはこんなにかわいそうなのよ。が常。
これは被害者意識のなせる業。

これがある限り不幸だ。

自分の未熟さが引き寄せているということもわかってない。

その現象が起こったとき感情は真っ先に「攻撃された」「こんなことされた」と反応が出る。
感じるのは当たり前のことでもそこからどんな気分でいるかは自分でコントロールすることができると知っているかが分かれ道。

反応のままなら怒り、悲しみなどマイナス感情が渦巻き低下していく。
悪循環に陥り、どんどん運気は低迷。ずっと〜のせいから抜け出せない。
自分の力を他者に預けているようなもの。

自分以外のせいで感情が揺れ動く。


この被害者意識が出たときに、自分の感情は自分で選ぶことができると自分を躾けることが最重要課題。

人は変わらない。環境も変わらない。変わるのは自分。変えられるのはこの「感情」だと理解すること。
意識は理解できても感情がついてこないことが多い。
わかってるのにできないというジレンマ。

意識と感情 も 男女性 の組み合わせかなと。
プラスとマイナス。陰陽。
このバランス加減。

考えて。この悪感情は、自分に必要でないものを教えてくれるもの。それが分かったら手放す。
感じるのは、すべてうまくいっているということ。幸せな気持ち。

悪感情を起こさせるのは、自分は正しくて相手は間違っているということをずっと考えているから。
正しい正しくないをやり続けるから。

そうではなくて、愛そうとするか。心を開いているか。

蓮が教えてくれた。ずっと前から。
言葉は聞くけど、わたしにはかすかに聞こえているだけで。
その言葉の意味を理解していなくて。遠回りをしていた。


「自分を愛そう」は愛する動を取れる者のことを言うのだと思う。
議論という競争を簡単選択できる、何も考えないなら。そうやって生きてきたから。
その誘惑は甘い。勝ちたいと自分に囁く。
このとき、勝ち負けではないと愛することを選択できる者であれるように。
被害者意識を手放すのだ。

探究樂 学び人 募集 http://lsp-japan.org/hp/tankyu_gaku.html
ラブスピースホームページ http://lsp-japan.org/top.htmll
posted by map at 22:00| Comment(0) | dairy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月18日

お盆が終わって。あの世に戻って。


yuri.jpgyuri.jpg


京都でお盆を過ごす。何年目だろうか。
横浜から神戸へ家族で引っ越しして。
離婚して神戸から京都へ1人で来て。
引っ越しというのは、違う次元へ行くようなものだなと。

お盆
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A4%AA%CB%DF


探究の流れで、死後の世界を調べる。
先祖供養とは?

みんなでシェアする。
調べてきたもの、具現から読み説いたり。
すんなりオチがつくときもあればなかな深まらないこともあり。

みんなの波長が一致するとエナジーは動く。

そのシェア中の話しで、母と子がいて、母が死んでしまったとする。
この母は、子供を残していくことに心残りがある。
すると、素直にあの世にはいけず、地縛霊となってしまう。

心残りという重しが肉体の世界3次元にとどめてしまうことになる。もう肉体はないのに。
死んでいるのに生きているかのようにその場に居続けることになる。

先祖供養というのは、死んでも心残りが重しとなり地縛霊になってしまったももの救済をすることをいうそうだ。

救うと言っても無理やりはいけない。境界線を越えた行いとなってしまう。
地縛霊本人のこころが変わらないと手の施しようがない。

この原理は、生きている人でも同じ。本人のこころが変わらないと変化はない。

法則は、どの領域でも同じ。宇宙の法則。

自分の責任は自分で取る。
すべては自分が創造している。
言い訳できない。
それが真理。


探究樂 学び人 募集 http://lsp-japan.org/hp/tankyu_gaku.html
ラブスピースホームページ http://lsp-japan.org/top.htmll
posted by map at 21:14| Comment(0) | dairy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月28日

祈り。



life 001.jpg



苦しいときの神頼み。
神様、お願い!

ピンチの時に出てくるフレーズ。

そんなときにしか神様へ問いかけてなかった。

でも、いつでも何をするのにでも自分の中の内なる神に話しかけることができること。
問いかければ答えが返ってくること。
それを知っていて活用できることは幸いだ。

なんてチャーミングな魔法だろう。

神と自分だけの秘密のお話。そうして瞬間瞬間を紡いで、
わたしは知りたいのだ。神を。神は法則。男女性。

探究がいざなう、次のステージへ。

探究樂 学び人 募集 http://lsp-japan.org/hp/tankyu_gaku.html
ラブスピースホームページ http://lsp-japan.org/top.htmll
posted by map at 22:29| Comment(0) | dairy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。